城南木材株式会社城南木材株式会社

木材加工

  1. Home
  2. 木材加工

1mm以下の精度で削り出す確かな加工技術で多種多様なニーズにお答え致します

時代の変化に伴い、騒音やゴミの問題等、現場での加工が難しくなってきております。
またリフォーム工事などでは短工期での作業を求められることが多く、完成品での納入を希望される機会が多くなってきました。

そこで弊社では木材加工機を導入し、各種木材に仕上げ加工を施し搬入させていただける体制を整えました。

加えて2016年の6軸モルダー加工機導入により高い精度の加工が可能となりました。

和室造作材はもちろん、洋室用の各種枠材、化粧材の加工まで、様々な形状の加工に対応させていただきます。

樹種、等級の選別から加工、納入まで、お気軽にお問い合わせ下さい。

  • 加工図面と図面通りに加工された木材の画像
  • 加工された木材のサンプルが並べられている

モルダー
加工

6軸モルダー加工機を導入し、短時間でかつ高品質・高精度の木材加工が可能になりました

また、木材をお持ち込み頂いて加工のみも承っております。
※ 持ち込みの場合は配達の対応が出ない場合がありますのでご了承ください。

造作材に無垢の木を

現在、建築物の造作材(人の目に触れる所に使われる材料)には木目調のシートを貼った建材がよく使われています。

見た目は木のように見えますが、心材の上に薄い塩ビシートを接着した造作材です。
印刷したシートなので色味も揃っていて、どんな柄の木目でも比較的容易に作れます。

ただ、やはりシートなので何かをぶつけてシートが剥げたり、水に濡れてシートがシワシワに膨れたりと、耐久性には難があります。

もちろん無垢の木でもぶつけると傷が付いたりはしますが、削れても中まで「木」です。
多少の傷やへこみはあまり気にならなくなります。

経年変化が「味」となるのは、やはり「本物」だけ。

例えば杉材でサッシの窓枠などを制作しても、木目調のシート貼りの窓枠と同価格程度でご用意できます。

木目調じゃなく「本物」の無垢の木を
造作材に使ってみてはいかがでしょうか?

木目調化粧シートと無垢の木の比較写真

加工の流れ

  • 加工図面のイメージ

    ご相談・加工図面お預かり

  • 打ち合わせイメージ

    お見積り

  • モルダー加工機で木材を加工している様子

    加工

  • 完成した木材イメージ

    お引き渡し

page top